スタッフ手記

Diary

ブルーライトで疲れた目のケアを忘れずに!

■みなさん目はつかれていませんか?

 

 

日本中、やっかいなウィルスが飛び回っていて緊急事態宣言が出されている県が増えてきています。

感染症対策ももちろん大事ですが、忘れてはいけないのが「目」のケアです。

 

テレワークで仕事をする様に、、、

外出を自粛するように、、、

 

外に出ることを自粛ムードになってくると

家の中で、パソコン、スマホ、youtube視聴、ゲーム…の時間が増えるのは避けれません。

長時間PCモニターを見つめていたり、ゲームをし続けると目はつかれますよね。

 

しかし、ただ疲れているだけではないのです。

パソコンやスマートフォン、液晶テレビなどの画面からは、青い光=「ブルーライト」が出ています。

その光は、私たちの目にダメージを与えます。

 

 

 

 

 

 

■ブルーライトが「目」にどんなダメージをあたえるか…

 

 

●まずブルーライトとは、、、。

・人の目で見える光=可視光線の中でも紫外線が強いタイプの光

・ブルーライトの波長域の中の、380~500nmの領域にある青い光

・非常に強力なエネルギーを持っている

 

●どんなダメージが、、、。

・網膜を傷つける可能性がある

・物がゆがんで見えたり視力が低下したりする「加齢黄斑変性」の原因になると言われている

・ブルーライトは、散乱しやすい為、目の眩しさやチラつきの原因

・ブルーライトは、夜に浴びると睡眠障害を起こす

 

LEDが普及したことから、いろいろなものからブルーライトが放出されてまいます。

ブルーライトが多いもの、それは、私たちの現代の生活から話すことはできない

      スマホ、パソコン、ゲーム機。

 

     

 

 

欠かすことが出来ない機器ですが、「目」を守ることも大事です。

何か自分でできる対策をしてみた方がいいですね。

 

 

■<対策> ブルーライトからできるだけ「目」を守ろう

 

日常生活のなかで欠かせない、PCやスマホ。

特に、世の中がまだまだ落ち着く気配がないので、自粛期間中には、

避けることのできないブルーライトです。

 

しかし、少しでも「目」を気遣うようにしたほうがいいですね。

・適度な休憩を挟むこと (一時間に10分ほど休憩する)

・ブルーライトをカットしてくれる眼鏡をかける

・暗闇、寝る前には見ないようにする

 

 

 

 

PCモニターの光のちらつきを低減させる効果のあるレンズの付いた眼鏡が

い人気を集められているようです

大人サイズから子供サイズまで、種類も豊富です。

健康体に気を配る中で、忘れがちな目にもケアをしてあげた方がいいですね。

 

 

極月スタッフ山中

 

 

~華やぐ梅ごころお買い求めはこちら

~極月公式HPはこちら

現在、バレンタイン限定パッケージで販売中‼

チョコみたいな梅サプリ

 

カテゴリー