スタッフ手記

Diary

洗顔の時に、やってはいけない洗い方に気を付けよう

■洗顔方法、間違っていませんか?

 

毎日、朝起きた時や夜メイクを落とす時に必ず行う洗顔。

正しい洗顔方法でお顔を洗っていますか?

肌が乾燥したり、化粧のりが悪かったりお肌の調子が気になる方は、先ず洗顔方法を見直してみてもいいかもしれません。

忙しい毎日の中、ついついやってしまいがちな洗顔NG方法がいくつかあります。

 

 

 

■やってはいけないNG洗顔方法

 

1日に何回も洗顔する ✖

↓↓↓

お肌が脂っぽくて気になり、1日に何回も洗顔をするのはやめた方がいいです。

肌には、ある程度の皮脂が必要なので、顔を洗いすぎることによって必要な皮脂を落としてしまうと、肌は乾燥しやすくなると言われています。

 

冷水や熱いお湯で洗顔する ✖

↓↓↓

特に夏場、冷水で洗うと毛穴が引き締まって気持ちよく感じる気もしますが、実はは毛穴がふさがるのではなく、急に肌が冷えてその時だけ毛穴が縮みます。

また、熱めのお湯で洗うと皮脂や汚れは落としやすいのですが、必要な皮脂まで落とし過ぎて乾燥などの原因になることもあるようです。

洗顔をする際は、中間をとって体温より少し低いぬるま湯で洗うようにしましょう。

 

少しの水で泡立てる✖

↓↓↓

泡立てネット等を使って洗顔を泡立てると、ほんの少しの水だけで泡立ちます。

見た目は良い泡でも、適度な水が含まれていないと肌を摩擦してしまう可能性があります。

水を何度か足しながら泡立てるようにしましょう。

 

ゴシゴシと擦るように洗う ✖

↓↓↓

洗顔は、絶対にゴシゴシと肌を擦るのは ✖ です。

摩擦が生まれて、肌に負担がかかります。

せっかく洗顔を行ったのに、逆に乾燥肌になる可能性があります。

特に、目の周りや口周りなどは皮膚が薄いので、優しくで泡で洗うようにしましょう。

目の周りは、擦りすぎると色素沈着なども気になります。

 

洗顔後タオルでゴシゴシ拭く ✖

↓↓↓

洗顔した後は、タオルでゴシゴシ拭いてしまうとまた摩擦が起きて肌へのダメージが起きます。

やわらかいタオルでポンポンと軽くたたきながらふくようにしましょう。

 

ニキビやできものがある時こそしっかり洗顔している  ✖

↓↓↓

ニキビができた時は、なるべく負担をかけない方がいいので過度な洗顔はやめた方がいいです。

しっかり洗って早く治したい気持ちもありますが、いつも通り優しく洗顔しましょう。

 

■正しい洗顔方法でお肌を守ろう

 

 

間違った洗顔方法=肌に負担をかけてしまう洗顔方法は、お肌の乾燥やトラブルに繋がります。

先ず、洗顔の前にキレイに手を洗う、そして適度な水を加えながら洗顔料を泡立てる。

そして、優しく泡で洗う。

洗った後は、タオルで優しく拭く

このような感じで、気にかけながら洗顔するだけでお肌へのダメージがかなりなくなると思います。

 

極月スタッフ 山中

 

~華やぐ梅ごころお買い求めはこちら

~極月公式HPはこちら

 

 

 

 

 

 

カテゴリー