スタッフ手記

Diary

紫外線の正しい知識

太陽の光

 

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。

紫外線は、その中で最も波長の短い光で、波長によってUVA、UVB、UVCにわかれますが、実際に地表に届くのは、そのうちUVAとUVBです。

 

 

—– U V A —–

UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になるのです。

また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

 

—– U V B —–

UVB波は、UVA波と比較して波長が短いという特性があるため大気中に存在しているオゾン層で一部が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を壊したりして、皮膚に悪い影響を与えます。

紫外線は悪い事ばかりではない

 

紫外線のメリット

 

紫外線を浴びることにより生成されるビタミンDは、カルシウムが体に吸収されるのを促すことが知られていて、血液中のカルシウム濃度を操作し、筋繊維の活動を操ったり、骨を生成したりしてくれます。

最近の子供たちは外遊びなどで太陽光を浴びることが減ってきましたよね。

太陽光を浴びないことにより、目の近視を進めることにもつながっています。

太陽光に含まれるバイオレットライトが近視の原因となる眼軸長の伸びを抑えることがわかったのです。

※眼軸とは目の中の角膜から網膜までの長さをいい、日本人の成人の場合、眼軸長の平均は約24mm程度です。

この長さが数mmでも長くなると、ピントが網膜より手前で合ってしまい、遠くが見えにくくなります。

1日2時間以上外遊びをしている子の方が近視の割合が少ないことも分かっています。

 

紫外線のデメリット

 

肌のハリの源であるコラーゲンは、UV-A波やUV-B派などの紫外線をもろに浴びてしまったり、合わない化粧品の使用や仕事などの精神的なストレスが積み重なったりすることで、簡単に破壊され、遂には作られにくくなってしまいますので注意が必要です。

 

屋外で紫外線を浴びた時になるべくダメージを小さくする方法をご紹介します。

 

1日焼けして赤くなっている場所を冷やす

2いつもより多めにスキンケアローションをつけてしっかりと保湿する

3シミにさせないためにもめくれてきた皮をむいては絶対ダメ

 

このような状態でも日焼けはします

 

・曇った日・・・快晴の時と比べては、紫外線のUVBは減少しますが、UVA波の量はほとんど変わりません。

・家の中・・・窓を通して部屋の中に入ってきます。

・1日1回の日焼け止めクリームを塗る・・・日焼け止めは紫外線防止効果を高めるものですが、汗をかいたり、こすったりすると落ちてしましますので、2~3時間おきに塗りなおすことがおすすめです。(商品の裏に使用方法が載っていますので、正しく使ってください)

・冬は紫外線はない・・・あります。ですので、メイク前や出勤前には日焼け止めを塗るのがおすすめです。首や腕にも塗るのを忘れがちになってしまいますので気をつけてください。

 

 

紫外線は悪い部分の方が多いですが、全く防いでは体に影響が出ますので、強い紫外線を浴びるのではなく、短時間でできるだけ紫外線の少ない時間帯に浴びるのが効果的ですね。

 

極月スタッフ 野田

~華やぐ梅ごころお買い求めはこちら

~極月公式HPはこちら

カテゴリー