スタッフ手記

Diary

美容サプリの選び方はどうすればいい?利用するメリットや注意点を解説!

美容サプリを選ぶ際に気をつけたいポイントとは

画像1

世の中には、数々の美容を目的としたサプリメントが存在しています。ですが、謳われている効果があまりにもさまざまで、「どれを選んだらいいのか、正直言って分からない」というのが本音なのではないでしょうか。
この記事では、さまざまな切り口から、「そもそも美容サプリは必要なのか?」といった話をはじめ、種類や期待される効果などを紹介します。そしてそれらをもとに、美容サプリの選び方まで解説していきます。

そもそもスキンケア以外にも必要なのか

こと、「お肌のケア」と考えると、まずは化粧水や乳液など、肌に塗布するタイプのスキンケアを真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

「乾燥」は肌にダメージを与え、老化やシミなどの原因になってしまうのは確かです。潤いを与えたり細かいシワや肌荒れを目立たなくすることで、見た目上のお肌の問題を目立たなくさせることも可能でしょう。

また、日焼けはシミの原因にもなるので、日焼け止めを使ったり日傘などでそもそも紫外線を避けたりといった対処も有効です。

そのような外的要因に対する働きかけも、肌ケアとしては効果を発揮するでしょう。ですが、美容サプリメントはどちらかというと、内的要因に働きかける肌ケアです。どちらか一方を始めるだけでも効果はありますが、両方を併用することでさらなる相乗効果を生み出すでしょう。

美容サプリメントの効果にはどのような種類があるのか

さまざまな効果が知られている美容サプリですが、代表的なものをご紹介します。

まずは代表格であるビタミンC。ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれる栄養素の一つで、必須栄養素の一種でもあります。ビタミンCはコラーゲンの生成に深く関与していることが知られています。
また、夏場などに強い日差しを受けると、メラノサイトと呼ばれる細胞が皮膚を紫外線から守るため、メラニン色素を生成します。このメラニン色素が紫外線を吸収してくれるため、細胞核がダメージを受けずに済み、肌が守られます。ただし、メラニン色素が定着してしまうと、シミや黒ずみになってしまう可能性があります。ビタミンCは日焼けのあとにメラニン色素が肌に定着し、シミになってしまうのを抑制する効果があることも知られています。

もう一つ有名な栄養素としてビタミンB群が挙げられます。肌に限らず、私たちは生きている限り細胞が常に分裂を繰り返し、新しい細胞と古い細胞が入れ替わっています。この細胞の入れ替わりのことを「ターンオーバー」と呼ぶのですが、ビタミンB群は新陳代謝を促進することで、ターンオーバーを助けることが知られています。すなわち、「常に新しい細胞に生まれ変わる」ことを促進するのです。

このように「美容」とひとことで述べても、さまざまなアプローチがあります。何を元に選べばいいか、詳しくは後半で述べていきますが、まずは「美容サプリ」と言ってもさまざまな成分があるのだ、と理解しておきましょう。

美容サプリを利用するメリット

画像2

ここまでは、美容サプリの概要について述べてきました。外面だけでなく、どうせなら内面からも美容を考えた方が効果的であり、そのためにサプリメントが活用できるというのは、前述した通りです。ここからは、美容サプリを利用することのメリットについていくつかお伝えしていきます。

そもそも厚生労働省が示す健康的な栄養量を摂取するのは難しい

厚生労働省は、日本人の食事による栄養状態について調査し、結果を発表しています。
(参考:日本人の食事摂取基準(2020 年版)「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書

そのなかでも特に、食物繊維とカリウムにおいて、望ましいとされる目安量よりも実際の摂取量が少ないと指摘されています。

では、食物繊維を摂取するための代表格である野菜の摂取量の目安を見てみると、一日に350グラム食べることが推奨されています。これは食物繊維以外に、野菜に含まれるほかの栄養素の観点からも考えられた量ではありますが、実際にテーブルに並べて見ると、大変な量であることがわかります。
(参考:野菜は1日350g食べましょう
分かりやすくお伝えするなら、「生野菜なら両手に一杯を、三杯分」で、調理されたものなら「小皿で5皿分」とのことです。しかもこれを、毎日食べる必要があります。

一日三食、それも各食を十分な量食べられるのなら、なんとか満たすことができるかもしれません。ですが、一食でも抜いてしまったり簡素な食事にしてしまうと、とても満たせる量ではありません。
仕事で忙しかったり、食事に十分な時間を取れなかったり、調理する時間がなかったりする現代の都会での生活においては、まず続けることは無理なのではないでしょうか

足りない分や不足した栄養素を補うようなサプリメントを選ぼう

厚生労働省が示している摂取が推奨される栄養素を、毎日摂取しつづけることが難しいというのは、前項で感じられたのではないでしょうか。
これらの栄養素が不足したからといって、ただちに健康被害が出たり、病気になる、といったことではないのでご安心ください。
ですが長期間続けば、慢性的な体調不良や新陳代謝の低下などを招く恐れは十分あります。

そこで、足りない栄養素を補うような形でサプリメントを利用することを検討してみてください。例えば、前述したお肌のケアに関わるビタミンCやビタミンB群が足りないのであれば、それを補うようなサプリを使ってみましょう。

どのような美容サプリを選べばいいか、その選び方の基準は、「自分にどの栄養素が足りていないか」を知り、「足りない栄養素を補う」ような物であることです。最初は面倒かもしれませんが、自分の食事を書き出すなどして、摂取できている栄養素を洗い出すことから始めてみましょう。おしゃれにもダイエットにも近道がないように、美容も地道にしっかりと進めていくことが肝心です。

過剰摂取は効果を下げる可能性もあるので避ける

例えば、自分の食事ではビタミンCが不足しがちである、ということが分かったとします。では、ビタミンCをサプリメントでたくさん摂取すれば、摂取しただけ美肌になれるのか、というと、決してそのようなことはありません。

ビタミンCは水溶性のため、必要量以上を摂取しても、尿として体外に排出されてしまいます。毎日継続して、必要量を摂取しつづける、ということが重要なのです。
また、これまでは「ビタミンCは大量に摂取しても排出されてムダになるだけ」とされてきましたが、近年の研究では「あまりにも大量に摂取すると、害になることがあり得る」という報告もされています。

例えば薬であっても、大量に風邪薬を飲めば、飲んだだけ早く風邪が治る、というわけではありません。何度も塗り薬を塗れば、発疹が早く治癒することも決してあり得ないのです。
サプリメントもそれと似ています。不足分を補うには適していますが、過剰摂取しても、摂取しただけ大きな効果が出るというわけではありません。その点は、サプリメント選びの際にも覚えておきましょう。

健康意識や美容意識を改善するきっかけにも

自分に適したサプリメントを選ぶためには、今の自分の食習慣を見直すことが必要不可欠です。それに伴って、生活習慣にも目が向くようになっていくのではないでしょうか。
当然、運動を組み合わせたり仕事・趣味・睡眠なども含めて健康的な生活にすることで、より美容にとっては利益があるでしょう。

サプリメントに興味をもつことは、きっかけの一つです。そのきっかけが、自分の健康や美容に関する意識を改善していく第一歩になります。それまで気づかなかったことに目を向けることで習慣が変わり、美容への良い影響を実感できるようになり、さらに改善の連鎖が続いていくかもしれません。
生活習慣の改善は、いつ始めるにしても遅すぎるということは決してありません。ですが、早いほうが良いのは間違いないでしょう。そのきっかけとして、まずはサプリメントに目を向けてみても良いのではないでしょうか。

健康や美容に意識を向けるきっかけになるサプリメントをご紹介

リンクバナー

前項では、サプリメントに興味をもつことは、健康や美容に関する意識を改善するきっかけになる、というお話をしてきました。
ここでは、「自分を大切にする、そのきっかけになりたい」という想いをもつブランド『極月kiwametsuki』が提供する、梅サプリメントをご紹介します。

国産のブランド梅を使用した塩分ゼロのサプリ

『極月kiwametsuki』は、和歌山県に本社を置く「てまり家」という会社が運営しています。和歌山といえば、国産のブランド梅である紀州南高梅が有名です。同ブランドが提供している『華やぐ梅ごころ』というサプリメントは、紀州南高梅を原材料に使用した梅のサプリメントです。

『華やぐ梅ごころ』は、梅の良さをもっと伝えたいという同社代表の想いを受けて開発されています。梅を使ったサプリではあるものの、梅の風味や“梅っぽさ”はありません。さらに塩分もゼロなので、「梅干しは塩分が気になる」という方でも気にせず利用することができます。

無添加の丸剤だから、飲みやすく続けやすい

『華やぐ梅ごころ』は無添加にこだわったサプリです。梅エキスを丸剤として固形化する際の“つなぎ”も山芋などの天然由来の素材だけを使用しています。完全に無添加で作られたサプリなので、添加物が気になる方でも安心して飲み続けることができるでしょう。

加えて『華やぐ梅ごころ』は、ほかの多くのサプリが採用しているソフトカプセルタイプのサプリではありません。小さな丸剤タイプです。一粒が小さいため飲みやすく、喉に引っ掛かるような違和感もありません。持ち運びやすく気軽に飲めることも、続けやすさに一役買っています。また、「ちょっとお試しで」という方にもおすすめです。

気になった方は、ぜひ一度お試しください。そして、自分の健康や美容について意識し、自分を大切にするきっかけにしてみてください。

カテゴリー