スタッフ手記

Diary

40代からの美容で気をつけるべきポイントとは?サプリメントの活用方法もご紹介

40代からの美容に必要なこと

画像1

40代になって、美容に関してこれまでとの違いを感じているという方もいるのではないでしょうか。また30代も終わりに近づき、40代になってからどのような美容活動をすればいいのか、気になっているという方もいるでしょう。

この記事では、40代からの美容に関して、覚えておきたいポイントをいくつかご紹介していきます。ぜひ、今後の美容活動の参考にしてみてください。

新しいエイジングケアの必要性を認識しよう

40代では、30代までの頃の美容活動に加えて、新たな対策を行う必要があります。その理由は、大きく分けて「ターンオーバー」と「乾燥」によるものです。それぞれ、詳しく解説していきます。

ターンオーバーがゆるやかになり、肌が衰えて見える

そもそも、人間の全身では絶えず細胞分裂が行われ、新しい細胞が新生して古い細胞と新しい細胞が入れ替わっています。この入れ替わりを「ターンオーバー」と呼びます。
若いうちはターンオーバーが活発に行われているため、皮膚も常に新しい状態で維持されます。そのため常に肌にはハリやツヤがあり、それが若々しさを感じさせているのです。

実は20代前後でターンオーバーはゆるやかになっていきます。ですが急に衰えるわけではないので、表面的にはそれほど変化が感じられません。

このターンオーバーによる細胞の新生が年齢を重ねるごとにだんだんとゆるやかになっていき、それに伴って肌質の変化が目に見えるものに変わってきます。それが30代頃、いわゆる「お肌の曲がり角」と呼ばれる時期なのです。

20代から30代までに「化粧乗りの悪さ」や「肌荒れ」などを感じる機会が増えたのではないでしょうか。そして30代からしばらく経過してくると、上記に加えて「シミ」や「たるみ」、「シワ」、「ほうれい線」などの変化が現れ始めます。これらの変化はいずれも加齢による当然の変化なので、避けることは難しいでしょう。それらをカバーしたり、変化を遅くするような対策が必要となるのです。

肌の天敵である乾燥が起こりやすくなる

40代で起こる肌の変化には、そのほかにも「乾燥」が挙げられます。

だいたい30代頃までは、肌を保護する油分が活発に分泌されています。これによって、肌の乾燥が防がれていました。ただし、皮脂が多すぎるとテカリやベタつきの原因になり、毛穴に詰まることでニキビを引き起こしたりもしてしまいます。

この皮脂の分泌が、ホルモンバランスの変化により減少してしまうのです。脂性肌でテカリやニキビなどに悩んでいた方は、皮脂の減少で悩みが軽減するかもしれません。ですが多くの場合、肌が乾燥してしまい、それによる悪影響を受けることになります。

乾燥によって肌はダメージに弱くなり、小さい傷などを受けやすくなってしまいます。
さらに、乾いた肌はシワや加齢感を強く見せてしまうこともあります。30代まで以前よりもさらに、乳液や化粧水などを用いて保湿したり、潤いを維持するような対策が必要になるのです。

表面的なスキンケアだけ、よりも内面からのカバーも

40代からの美容活動では、新たなケアが必要になるというお話は前述の通りです。美容のケアというと、どうしても化粧水や乳液を良い物にする、あるいは新しいファンデーションを使う、チークの使い方を工夫する、などの方法を思い浮かべるかもしれません。

ですがそれらに加えて、内面からのケアを併用することもおすすめです。

具体的には、運動、睡眠、食事を適切にし、ストレスを溜めないことです。

睡眠不足がお肌の大敵であることは、ご存知なのではないでしょうか。40代になるとだんだんと徹夜や夜更かしがツラくなってくると思いますが、やむを得ず夜更かししてしまうと、翌日のお肌の状態が悪くなっていることに気づくと思います。
適切な睡眠は、お肌の老化を防ぎ、良い状態にするためには必要不可欠です。

さらに食事内容についても、ビタミンB群やビタミンCなど、お肌の状態をより健康的に保つために有効だとされている栄養素がいくつか知られています。
それらの栄養素が不足すると、肌荒れや小さな傷の増加、傷の治癒の遅延、ハリやツヤの減少など、さまざまな肌トラブルにつながります。

加齢している以上は、どうしても老化していくのは仕方がないことです。ですが健康的に年齢を重ねることで、老いの速度をゆるやかにすることはできます。

運動し、よく睡眠をとり、食事の栄養バランスに気を使ってみましょう。ストレスを受けないことは難しいですが、発散する捌け口を見つけ、ストレスを溜めないように心がけましょう。
すべて実践するのが難しければ、不足しがちな栄養素をサプリメントで補うことも可能です。健康的に年齢を重ねることと、お肌の表面的なケアを併用することで、お肌の老いの感じ方をゆるやかにすることができるでしょう。

美容に関して、サプリメントを利用するメリット

画像2

前項では、40代の美容に関して必要な考え方をお伝えしてきました。

最後に少し、サプリメントを活用することについて少しお話しています。運動、睡眠、そしてストレスを溜めない事に関しても、さまざまな対策方法があります。

ここでは、特に食事と栄養の面から、サプリメントを活用することのメリットについてお話していきます。

ライフスタイルの変化を認識しよう

40代になると、それまでとライフスタイルが変化してくると実感があるかもしれません。家族の人数が変わったりすれば、実感しやすいでしょう。ですがそうでなくとも、生活リズムが変わったり、ストレスの内容や発散方法が変わったり、さまざまな変化が起こっています。

意識しないと、運動量は確実に減ってしまいます。食事量も変化し、それまでよりも食べられる量が減ってきます。加齢による筋肉の衰えと運動量の減少による筋肉の減少が起こり、加えて食事量が減ることで既存の筋肉を維持することもできなくなっていきます。
これらが合わさって、意識しなければあっという間に筋肉量が減り、疲れやすく太りやすい身体になってしまいます。疲れやすさを感じやすくなり、何もせずに休んでいる時間が増えた、という方もいるかもしれません。
このような体質の変化から、趣味に使う活動時間や趣味の内容が変化していくことも十分にあり得ます。

30代から40代に進んでいく過程で、ライフスタイルにも大きな変化が起きていることをまずは認識してみましょう。

目標とされる栄養素を十分に摂取するのは難しい

厚生労働省が、さまざまな調査などから、健康に生活するために必要な毎日の栄養素の量を導き出しています。

ですが、厚生労働省が示す毎日摂取したい栄養素の量は、普段の食事だけでまかなうことは難しいのが現状です。
(参考:野菜は1日350g食べましょう

毎日食べることが推奨されている「野菜350グラム」を分かりやすく伝えると、「生野菜なら両手に一杯を、三杯分」です。加熱調理されたものなら「小皿で5皿分」の換算となります。これを、毎日食べる必要があります。

生野菜だけで摂取しようとするなら、毎食お皿いっぱいのサラダを食べることになってしまうでしょう。小皿で5皿でも、平均的に食べたとして、二食は小皿2皿分を、主菜とは別に食べる必要が出てきます。

一日三食、それも各食を十分な量食べられるのなら、目標量を満たすことができるかもしれません。ですが一食でも抜いてしまったり簡素な食事にしてしまうと、難しくなってしまいます。外食をしたり出来合いのお弁当などを購入して、野菜が少ない食事をした場合も同様です。

目標とされる栄養素を十分に摂取するのはそもそも難しく、しかもだんだんと加齢により小食になってくるため、ますます難しくなるものであると認識しておきましょう。

50代、60代と次の年齢に向けた土台を作る

40代で重要なのは、50代、60代に向けた美容や健康に関する土台を固める期間でもある、ということです。

「実は20代で、肌のターンオーバーは衰え始めている」というのは、前述した通りです。ですが既存の若い肌があるため、「お肌の曲がり角」を感じるのは、もう少し年齢を重ねてからでした。この20代になったばかりの段階で肌を焼き過ぎたり、ダメージを気にせずに過ごしたりしていると、その影響はもう少し過ぎてから、シミやたるみとして顕著に現れます。「お肌の曲がり角」を感じる際、急激に衰えたように感じてしまうのです。若いころの無茶は、その後必ず影響を与えます。

同様に40代も、50代60代に比べると身体的にはまだ若い期間です。この期間に美容や健康のことを疎かにしたり、無理をしたりすると、それは後から影響を及ぼすのです。

健康に過ごし、若いうちから美容に気を使うことで、加齢の影響をゆるやかにしていくことができます。また、健康や美容に関する習慣を今から作っておくことで、健康や美容に関する意識を改善し、目を向けるきっかけにもなるでしょう。

そうすれば、今の自分が行っている健康や美容に関する対策や対応は、残りの自分の人生すべてに影響しているのだ、と認識できるようになると思います。そのような意識の改善や考え方の土台作りも、早いうちから行なったほうが良いのではないでしょうか。

自分を大切にするきっかけになる梅サプリメントをご紹介

リンクバナー

前項では、健康や美容に関する意識をもつことが必要である、というお話をしました。

ここでは、そのためのきっかけになるような梅サプリをご紹介します。
「自分を大切にする、そのきっかけになりたい」という想いをもつブランド『極月kiwametsuki』が提供する、国産の梅を使用した無添加のサプリメントです。

塩分ゼロだから塩分摂取を気にしなくていい

『極月kiwametsuki』は、和歌山県に本社を置く「てまり家」という会社が運営しています。
和歌山県の梅といえば、国産のブランド梅である紀州南高梅が有名です。少し良い食材について気にしている方なら、ご存知の方もいるのではないでしょうか。
同ブランドが提供している『華やぐ梅ごころ』というサプリメントは、この国産の紀州南高梅を原材料に使用した、贅沢な梅のサプリメントです。

「梅」と聞くと「しょっぱいのかもしれない」と感じるかもしれませんが、『華やぐ梅ごころ』は塩分ゼロです。しかも梅のサプリでありながら、梅の風味はありません。「梅干しは塩分が気になる」「梅はあまり好きではない」という方も、安心して飲むことができます。

丸剤で飲みやすく、無添加だから安心

『華やぐ梅ごころ』は、現在のサプリの主流であるソフトカプセルタイプではなく、小さな丸剤タイプです。一粒が小さいので飲みやすく、「喉に引っ掛かる違和感」や「薬を飲んでいる感覚」もありません。

もう一つの大きな特徴として、無添加であることも挙げられます。主な原材料は梅肉エキスなのですが、この梅肉エキスが無添加素材なのは言うまでもありません。
それらに加えて、梅肉エキスを丸剤として固形化する際に“つなぎ”を使いますが、その“つなぎ”も無添加にこだわっています。

いくら足りない栄養素を補いたいとはいえ、添加物が大量に含まれたサプリメントはあまり飲みたくない、という方もいるでしょう。また、飲みにくい大きさだと続けるのがめんどうに感じてしまうかもしれません。
『華やぐ梅ごころ』は小粒かつ完全に無添加で作られているため、安心して飲み続けることができるのではないでしょうか。

気になった方は、ぜひ一度お試しください。そして、自分の健康や美容について意識し、自分を大切にするきっかけにしてみてください。

 

カテゴリー