スタッフ手記

Diary

美魔女と呼ばれる50代になるには?美容に必要なことやおすすめの方法を紹介

「美魔女」の前に、50代の美容に必要なこと

画像1

50代に入ると、いろいろなことが落ち着いてきているタイミングであるかもしれません。仕事でも、これまでのようにガツガツと働くというよりは、少しずつ役割と後進に譲ったり、教育がメインになっていくかもしれません。

お子さんがいる方は、子供に手がかからなくなってくる頃でしょうし、少し早めに出産されたのなら、もしかしたら独り立ちして社会人になっている、という方もいるかもしれません。

ですが「美魔女」と呼ばれ、自分と同じ50代であるにも関わらず、いつまでも美しく若々しい方を見たことはないでしょうか。知り合いや近所にいる、という方もいるでしょうし、そうでなくとも、メディアで聞いたことはあると思います。

「美魔女」を目指すことは十分可能です。ですがその前に、50代における美容で覚えておきたいことを確認してみましょう。

50代には多くのターニングポイントがある

50代は、さまざまなターニングポイントがあります。
「これまでよりも落ち着いてきた」と思うかもしれませんが、それは別の見方をすれば、「変化し、対応しなければならない」ことも意味しています。

例えば子育てがある人。出産の平均年齢から逆算すると、50代女性にお子さんがいる場合、だいたい20代前半から後半くらいの年齢になります。専門学校や大学を卒業し、就職する頃です。
子供が本格的に独り立ちすることになります。子供が社会人になるということは、少なからず不安があるものです。このタイミングで親元を離れるのであれば、一人暮らしに送り出す心配もあるでしょうし、子供と毎日顔を合わせない、という日常に慣れる必要もあります。

また、50代で得た仕事上での役割は、おそらくキャリアのなかで最後の職務になっていくのではないでしょうか。このタイミングで最後の昇進をする場合もありますし、その影響で仕事内容に変化がある方もいるでしょう。
あるいは、自分は第一線のプレイヤーから退き、後進を育成するという今までにない仕事を任されるかもしれません。

子供の独り立ちや仕事内容の変化は、一見すると落ち着いていく過程であるように感じるかもしれません。ですが、それはそれで一つの重要な変化でもあるのです。

更年期による変化と向き合う必要も

もう一つ、目を背けられない問題があります。それが、自分の身に初めて訪れる更年期です。
平均すると、概ね50歳頃に閉経するのですが、その前後でホルモンのバランスが変化していきます。だいたい45歳から55歳頃の間が更年期と呼ばれています。

場合によっては、更年期障害が発生することもあります。更年期障害の主な原因は、卵巣機能の低下に伴う女性ホルモンの分泌量の減少です。女性ホルモンの分泌量が減ることで自律神経が乱れ、また女性ホルモンは身体にさまざまな影響を与えているのですが、分泌量が減ってしまうことによる悪影響もあります。

ほてりやのぼせ、発汗や寒気、頭痛や疲労感などが代表的な身体的影響です。精神的影響としてはイライラする、気分が沈みやすくなる、といったものがあります。そのほか、複合的な要因で別の影響が起こることもあります。

更年期障害は誰にでも起こるわけではない

更年期には、誰でも閉経と女性ホルモンの減少を経験します。それは、誰でも必ず経験することです。
これに伴ってさまざまな体調の不調が現れるのですが、それらを総じて「更年期症状」と呼びます。実は、更年期症状が起こるか否か、そして起こったときの軽さ重さは人それぞれです。ほとんどない、という方もいるのです。
そして実は、環境面の影響や精神面の影響も大きいとされています。つまり、人によっては置かれている環境や精神の状態で、悪影響を受けにくい、という場合もあるのです。

そして更年期症状が重く、日常生活に不具合が生じてしまいそうな場合に「更年期障害」と判断されます。

更年期の症状があるなしに関わらず、認識はしておこう

更年期障害が誰にでも起こるわけではない、という話は覚えておきましょう。それと同時に、更年期障害が起こったり何かしらの症状がなかったとしても、身体はそれ以前とは変化している、と認識しておくことも重要です。

これは不可逆な変化であり、二度と女性ホルモンの分泌量は元に戻りません。環境面や精神面の影響も大きいとお伝えしましたが、もし今、更年期症状が軽かったとしても、それは環境面や精神面による影響が良く働いているからかもしれないのです。それらが変わってしまうと、悪化する可能性もある、と覚えておきましょう。
55歳を超えると「更年期以降」とされ、こういった更年期症状や障害はなくなっていくとされています。それまでは気長に付き合っていく必要があるのです。

食事、睡眠、運動をバランスよくすることが一番

画像2

すべての「美魔女」に言えると思いますが、美容の基本は健康的な生活と身体が最低限必要です。確かに、メイク術を始めとした美しく見せる技術も必要です。ですが、それを施す素地がしっかりしていなければ、効果は下がってしまいます。

結局のところ、もっとも重要なのは食事、睡眠、運動のバランスをよくし、美容というよりもまずは健康第一に生活することなのです。

ですがもちろん、それが難しい、ということは十分に理解しています。

そもそもライフスタイルを若いころと同じにするのはむずかしい

厚生労働省が示している、健康に過ごすために必要な栄養素の量を、すべて摂取するのはだんだんと難しくなっていくでしょう。食事量は減っていくものだからです。

筋肉の衰えとともに運動量も減っていきます。運動量が減るのでお腹が空かなくなり、食事量も減り、食事量が減るため筋肉を維持できなくなり、さらに運動量が減り、といったサイクルに陥ることもあります。

若いころと同じようなライフスタイルを維持することは、そもそも困難なのです。誰でも衰えたくない、年は取りたくないと思うものですが、年を取らなかった人は居ません。衰えから逃げることは不可能なのです。だからこそ、ゆるやかに年齢を重ねていき、老いの影響を少なくするような対応が必要となります。

まずは、食事、睡眠、運動のバランスがとれた生活をし、健康的に生活することが美容にとっても第一であると認識しておきましょう。そして、とはいっても、すべてを満たすのは難しくなってくる、ということも知っておくことが大切です。

今までと同じとはいかないから、追加で何か始めることも手段の一つ

画像3

世の「美魔女」と呼ばれる方たちは、食事にも時間をかけて気を配り、十分に睡眠をとり、ジムなどに通って運動も欠かさず行って、そのうえでスキンケアやお化粧などに時間も手間もかけることで美を維持しています。
ですが、すべての方がそれを実践できるわけではないでしょう。

食事、睡眠、運動に何か不足してしまうのなら、それを補うようなことを追加で始めてみることもおすすめします。

スキンケアだけでなく内側からもキレイになる

高級な化粧品やスキンケア用品を使い始める、というのも手段の一つでしょう。

ですがやはり、不足している食事、睡眠、運動を補うような活動を行うことをおすすめします。
サプリを利用して不足した栄養素を補う、ジムやヨガを始める、エステや美容サロンに通う、などが挙げられるでしょう。

時間を確保したいなら、グッズを購入することも検討してみてください。例えば健康器具を家に置いておき、隙間時間を利用して運動をする。あるいは、時短につながる家電を購入して、日常の家事に費やす時間を減らし、できた時間を睡眠時間に充てる。マクラなどを慎重し、質の高い睡眠にすることもおすすめです。

このように、内面から健康になっていくような取り組みをおすすめします。

未来を見据えて、今の自分を大切にするきっかけを

画像4

前項では、美容以上に健康に関するに意識をもつことが必要である、というお話をしました。

ここでは、そのきっかけになるようなサプリメントを一つご紹介します。「自分を大切にする、そのきっかけになりたい」という想いをもつブランド『極月kiwametsuki』が提供する、国産の梅を使用した無添加のサプリメントです。

塩分ゼロだから塩分摂取を気にしなくていい

『極月kiwametsuki』は、和歌山県に本社を置く「てまり家」という会社が運営しています。和歌山県の梅といえば、国産のブランド梅である紀州南高梅が有名です。少し良い食材について気にしている方なら、ご存知の方もいるのではないでしょうか。

『華やぐ梅ごころ』という同ブランドのサプリメントは、国産の紀州南高梅を原材料に使用しています。

「梅」と聞くと塩分が気になるかもしれませんが、『華やぐ梅ごころ』は塩分ゼロです。しかも梅の風味はあえてしないように製造しています。「梅干しは塩分が気になる」「梅はあまり好きではない」という方も、安心して飲むことができます。

無添加の丸剤なので飲みやすい

『華やぐ梅ごころ』は、サプリメント市場の現在の主流であるソフトカプセルではなく、小さな丸剤タイプです。一粒が小さいので飲みやすく、「喉に引っ掛かる違和感」がありません。

また、無添加であることも重要な特徴の一つです。主な原材料は無添加の梅肉エキス。さらに、梅肉エキスを丸剤として固形化する際の“つなぎ”も無添加にこだわっています。

『華やぐ梅ごころ』は小粒かつ完全に無添加で作られているため、安心して飲み続けることができるのではないでしょうか。

気になった方は、ぜひ一度お試しください。そして、自分の健康について意識し、自分を大切にするきっかけにしてみてください。

リンクバナー

カテゴリー